坂家三代の芸術家たち
Information
ホーム > 坂家の巨匠たち

坂家三代の芸術家たち

坂寛二氏と小学生の坦道氏
坂家は三代にわたって美術家を輩出しており、坦道の祖父は日本画家坂藹舟(あいしゅう)、父は洋画家で坂寛二、そして彫刻家坦道です。

左の写真は過ぎし日の様子。
[左]寛二と[右]小学生の坦道
坂 坦道(さか たんどう) 1920~1998

クラーク象

坂坦道は、本名を青嵐といい、大正9年石川県内浦町恋路に生まれました。父寛二が没したのち北海道に転居し、その後、東京美術学校(現在の東京芸術大学)に入学しています。昭和19年には東京美術学校彫刻科を卒業しますが、在学中の18年第6回新文展に初入選を果たしました。戦後は日展に出品し、入選を続けたのち、39年開催の第7回日展(新日展)に「青年像」(本展に出品)で特選を受賞しています。また57年には日彫展で、「酔っぱらい」が西望賞を受賞し、同年、札幌市民芸術賞も受賞しています。

こうした作家活動の一方で、北海道女子短期大学で長らく教鞭をとり、文部大臣より短期大学教育功労賞を受けたほか、平成7年には同短大の名誉教授に就任しています。道化師などの特徴的なものを得意としますが、初期には世相を色濃く反映した人物像も制作しています。北海道へ渡ったのちも、郷里石川への思いは断ち難く、「御陣乗太鼓」「かえり舟」など、故郷を彷彿とさせる作品も作りましたが、その思いを残しながら、平成10年、77歳で亡くなりました。

現在、坂坦道の彫刻作品は出身地の石川県能登町に寄贈され、平成21年8月に「坂坦道彫刻作品展示室」が能登町庁舎4階にオープンしました。
http://www.town.noto.ishikawa.jp

作品をみる
坂 寛二(さか かんじ) 1891~1928

草花図(そうかず)

坂寛二は明治24年内浦町恋路に藹舟の次男として生まれました。父は南画家谷口藹山(あいざん)に師事した画家で、能登を中心に多数の作品が知られています。寛二は15・16歳の頃に上京し、黒田清輝に師事したといわれています。その後、奈良、大阪、金沢と移り、二科会に出品。石川県の金城画壇展では第3回展に出品、また陶芸家との二人展や、グループ展を開いた記録が残っています。 しかし、将来を嘱望された存在であったのですが、惜しくも昭和3年に36歳で早世してしまいました。

※上記の情報は石川県立美術館 WEBサイトより抜粋しております。
URL:
http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp
CONTENTS
坂家の巨匠たち

ページ上部へ